悪い座り方と正しい姿勢+最新イス/健康カプセル! ゲンキの時間


<身体に悪い座り方>

 背もたれを倒す。

 ヒジ置きなど 片方に もたれかかる。

 足を組む。

 財布を、お尻のポケットに入れる。


<足の長さチェック法>


<正しい座り方>

 ゴハンを食べる姿勢。

 背骨のS字カーブと、骨盤を立たせること。

 ストレッチ&身体の歪み対策。


<負担を小さくするイス>

 スレッドチェア。

 iPole7 。

 アーユルチェアー。



ドクネット:早稲田大学 非常勤講師 虎ノ門カイロプラクティック院 碓田拓磨 院長。

ゲンキリサーチャー:X-GUN 西尾季隆 さがね正裕。



2016年4月24日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 腰痛だけじゃない! ~ 死を招く危険な座り方」「寿命縮める座り方と改善法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 悪い座り方 最新イス




悪い座り方


ササミ
うれしいゴールデンウィークですが、気になることも。

旅行に出ると、新幹線や飛行機、車など、長時間座ることになりますよね。

ずっと同じ姿勢だと、身体の節々が痛むことも。

せっかくの休暇なのに、腰を痛めたら、たいへんだ。


というわけで、今回のテーマは、「座ることと健康の関係」

なんと、まずい座り方だと、座るだけで寿命が縮むのだという。

後半では、身体の負担を軽くする大ヒットチェアーも紹介。




飛行機や新幹線の座席に座る時、みなさん、どんな姿勢をとります?

背もたれは、倒す?

ひじ掛けに、もたれかかる?

脚は組む?


その姿勢、実はヤバイかも。



みなさん、楽な姿勢をとりますよね。

でも、実際はどうなんでしょうか?

身体への負担を、検証してみましたよ。


協力してくれたのは、早稲田大学 非常勤講師 虎ノ門カイロプラクティック院の 碓田拓磨 院長。

姿勢のプロフェッショナルなのだ。




<背もたれを倒す>


誰もがやるのが、背もたれを倒すこと。

でも、これは、よくないそうです。


「楽な姿勢と、身体にとって負担の少ない姿勢は、違うのです」


モーションキャプチャーを使って、検証してみましょう。


背もたれを倒すと、シートと腰の間に、すき間ができてますね~。

実は、これがよくない。


背もたれを倒す


重たい腰の部分が、下から支えられなくて、宙に浮いたような状態になっている。

これでは、すごく負担がかかってしまいます。

「すき間をあけると、腰への負担は4倍以上に」

この姿勢を長い間 続けていると、「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」になるリスクが。




次の姿勢は、これ。


<背もたれを倒す+片方にもたれる>


ヒジ置きがあると、どうしても、もたれかかっちゃう。

すると、身体は曲がって、まっすぐでは なくなってしまいます。

ということは、背骨も歪んじゃってる。

この時、片側にかかる負担は、2倍に。


片方にもたれる


しかも、肩も首も、傾いてしまっている。

この時、片側の肩への負担は、1.5倍以上。


結果、身体の左右に差が生まれてしまい、「腰痛」「肩こり」「首こり」の症状に つながりやすくなります。




3つ目の姿勢は、これ。


<背もたれを倒す+足を組む>


碓田先生によれば、これは座り方の中でも、最もよくない身体の使い方だそう。

骨盤の片側が上がるんですね。

これも、腰の片側に負担がかかる。


足を組む


また、足を組むことが楽に感じる人は、身体が歪んでいる可能性が。

歪んだ状態が 楽になってしまっているということ。

こういうタイプの人は、足の長さが 左右で違ったりするそうです。



 <足の長さチェック>

腰骨の、出っ張った部分に、指を置く。

これで差がチェックできます。

ちなみに、上に組む足が短くなるそうです。


足の長さチェック


やりがちな足を組む姿勢ですが、「身体の歪み」「スタイルの乱れ」につながる恐れがあったんですね。



そして、やりがちなこんなことも、足を組むぐらいよくなかった。

まさか、身体に悪影響だったとは。


それは、「お尻のポケットに、財布を入れること」


これは、お尻の下に 厚い財布を敷いているのと、同じなんです。

片側のお尻が上がって、負担がかかってしまう。




よい座り方


ササミ
では、どんな座り方が、いいのでしょうか?


先生は言いました。

「まあ、ランチでも」


そう、実は、これが関係あった。


ゴハンを食べようとすると、身体がまっすぐ伸びた状態に。

これが、理想に近い身体の使い方なのです。

身体の軸である背骨が、理想的なS字カーブを描いている。


正しい座り方をすると、人の背骨は ゆるやかなS字カーブを描きます。

この時、大事なのは、骨盤が立っていること。


背骨のS字カーブ


ゴハンを食べる時の姿勢は、背骨がきれいなS字を描き、骨盤が垂直に立った状態になるのです。

骨盤を立てることで、頭から腰にかけての上半身の重さを、まっすぐ受け止めてくれる。


ゴハンを食べる姿勢



しかし、背もたれを倒したり、片方にもたれかかると、骨盤が前後左右に傾いてしまい、上半身の重さを、まっすぐに受け止めることができません。


悪い座り方




<正しい座り方>


お尻を座面の奥までつけ、身体を起こす。

すると、骨盤が支えられ、よい姿勢をキープできる。



正しい座り方


ずっと続けていて、つらくなったら、リクライニングを倒して休み、楽になったら、また正しい座り方をする。

慣れてくると、だんだんと長い時間、正しい座り方をすることができるようになってきます。

意識し、続けることが大事。


正しい姿勢でいると、自然と背筋が鍛えられます。

そういう意味でも、腰痛予防になりそうです。




座ったままできる、簡単なストレッチも、あります。


<簡単ストレッチ>

(1) お尻の後ろで、手のひらを上向きに組みます。

そのまま、腕を伸ばし、肩を引いてください。

肩甲骨が、あわさる感じ。

(2) 頭を後ろに倒し、3秒キープ。



ストレッチ




<身体の歪み対策>

座ったまま、お尻を左右に、トントン動かす。

(片側ずつ上げる感じ?)

10秒程度で、OK。





自動車での運転も、同じです。

骨盤を立てるように座るのが、大切。

ゆったりした姿勢は骨盤が傾きやすく、腰に負担が大きいので、要注意。

しかも、急なハンドル操作がしづらい。

事故防止の意味でも、正しい姿勢で。




ドクネット


引き続き、碓田先生に教えていただきます。


フットレストに足を上げるのは、どうなんでしょうか?


碓田先生によると、足を伸ばすことになるので、骨盤がどうしても傾きやすくなるそうです。

なので、あまりよくない。


最悪なのは、浅く座り、お尻をずいぶん前に出して、身体をねじるような姿勢。

眠る時などに、やっちゃうかな。

でも、ねじり方が癖になって、歪みが定着する恐れがあるので、よくない。




座りっぱなしで、死ぬリスクが上がる?

ある研究によると、「1日中座り姿勢で仕事に従事している人は、15年後の死亡率が 40%も高くなる」という結果が出ています。



<座ることによる悪影響>

血流が滞ったり、基礎代謝が低下しやすくなる。

その傾向は、姿勢が悪いほど、強くなる。




ということで、次は、座ることで生まれるリスクを できるだけ小さくする、そんなイスを紹介します。
 



最新高機能チェア


ササミ
まずは、これ。

「スレッドチェア」


株式会社「弘益」の西浦さんに、座り方を教えてもらいました。

ヒザをのせ、荷重をかける感じで、座る。

自然と、いい姿勢になります。


スレッドチェア


スレッドチェアでは、高い面にお尻を、低い面にヒザをあてて座る。

そうすることで、正座のような姿勢をキープ。

背筋がきれいに伸びて、骨盤が立った理想的な姿勢を保てるんです。




続いても、あまり見ない形状ですね。

「iPole7」というイス。


こちらは、株式会社「吉桂」の田中さんに、教えてもらいます。

実は、背もたれではなかった。

胸を当てる。


iPole7


ヒジ置きがあることで、身体が前に倒れるのを防いでくれる。

デスクワークや読書にオススメです。

丸みを帯びた座面が、骨盤をサポート。

骨盤が立った姿勢を、キープできるのだ。




お次のイスは、東京都は千代田区にある学習塾「 eisu 六番町ヒルズ」で使われているもの。

一見、普通に見えますが、よく見ると、股を開いてますよ。


使っているのは、「アーユルチェアー」

座面が半分に割れていて、傾斜してますね。

それで、足が自然と開くのか。


足を開くことと、やや低めの腰当により、骨盤を立てやすくサポートしてくれるんです。

しかも、座面の前の部分が上がっていることで、お尻全体ではなく、座骨で座るかたちに。

これも、骨盤が立つのに役立つ。


アーユルチェアー


アーユルチェアーに座ると、血流がよくなり、集中力がアップ。

それで、学習塾向きなのか。


プラス、腰痛の予防や改善の効果も。

ビジネスマンや高齢者にも、人気なのだとか。





最後に、碓田先生から、お言葉が。

「骨盤を立てて座るという座り方を、筋トレだと思って、何度でもチャレンジして、身につけていただきたいんですよね」

「決して難しくありませんので、ぜひ、元気に、過ごしていただけたらと思います」





ねこ背なおして 健康ボディー 1日1分!  姿勢改善エクササイズ (NHKまる得マガジン)



健康な人はなぜ姿勢がいいのか ~ねこ背を確実に治す35の心得~






[関係する記事]

 → 「肩こりにテニスボール+花粉症にレンコンパウダー」
 → 「ひざ痛に 正座ストレッチ、膝にたまる水とは?」

 → 「竹井仁先生の筋膜リリース」
 → 「猫背を治す体操」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 肩こり 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村