石川県 茶師が教えるほうじ茶の作り方/ためしてガッテン

今週のテーマは、お茶と幸せについて。

ほうじ茶の持つリラックスパワーとは。

幸福度との関係。

茶師十段の大山泰成さんが教えてくれる、家でお茶っ葉を ほうじる方法。

日本茶ソムリエの和多田喜さんの、冷やしほうじ茶(氷シェイクほうじ茶)。

ほうじ茶プリンの作り方。



2013年6月19日放送の「ためしてガッテン」より、「これぞスーパー日本茶 格安美味!幸せ1200倍」からのメモ書きです。




ためしてガッテン ほうじ茶で幸せ




幸せとお茶


ササミ
突然ですが、幸せを運ぶ男性が登場。

とある家庭のドアをノックしました。

すると5分後には、幸せを感じたという。

エノキ
ほう、いったい何をしたんでしょう?

ササミ
男性の名前は、大山泰成さん。51歳。

大山さんの後ろには、トロフィーがいっぱい置かれています。


と、ここで、スタジオに「全国幸せ分布図」が登場。

その中で、石川県が大きくデフォルメされてますねえ。


さっそく料亭で、幸せ探しが始りました。

まずは、老舗料亭「つば甚」から。

伝統的な加賀料理が自慢です。

つば甚の料理長 川村浩司さんはおっしゃった。

「お客様に喜んで帰っていただくためには、どうしても必要なもの」


続いて、金沢漆器職人の村田百川さん。

息抜きの時間には、あることをします。

「いい品物を作るための一環」らしいのですが、さて、何でしょう。


街の人に聞くと、日常的に飲んでいるという。

それも、子どもの頃から。


幸せになるあるものとは、お茶でした。

上林金沢茶舗 店主の織田勉さんによると、金沢では8割から9割が このお茶らしい。


さっきの全国幸せ分布図。

実はこれ、全国ほうじ茶分布図だったのです。

ほうじ茶の飲む飲まないって、すごく地域差があるんですよ。


ガッテンは、お茶の販売店およそ300軒に、電話取材してくれました。

そこで、ほうじ茶が売り上げの5割以上とお答えになったのが、石川県だったんですね。

山瀬まみさんも、石川県に行くと、必ずほうじ茶を買うそうです。


石川県でお茶と言えば、出てくるのは ほうじ茶。

小さい子も、ほうじ茶が大好き。

オシャレなカフェでも、ほうじ茶とケーキのセットがあったりする。

赤ちゃんに ほうじ茶を飲ませている家もあります。

ほうじ茶はカフェインが少なくて、安心だとのこと。

生後6日目の赤ちゃんには、脱脂綿にほうじ茶を染み込ませて、お尻を拭く。

殺菌効果があり身近にある物なので、ということらしい。


さて、幸せについてですが、こんなデータがあります。

2011年に発表された、47都道府県の幸福度ランキング(法政大学調べ)。

その1位は、福井県でした。

2位は、富山県。

3位は、石川県。


エノキ
ずいぶん密集してますね!

ササミ
見事に、ほうじ茶をよく飲む地域に、幸福度が集中しています。

しかも、石川県のほうじ茶は、茶柱がよく立つ。

ガッテンの調べによると、茶柱率は驚きの3割。


さて、茶柱のことは置いておくとしても、ほうじ茶と幸せの関係は どうなっているのでしょうか?




ほうじ茶のリラックス効果


ササミ
日本一のお茶の産地といえば、静岡県です。

でも、ほうじ茶を飲む人は、多くないみたい。

みなさんが飲むのは、緑茶です。

お茶屋さんに聞いたところ、ほうじ茶が売れるのは 全体の1%あるかないか。


そこで実験。

お茶といえば、あの、ホッとする感じがたまりません。

そこで、リラックス効果を、実際に調べることにしました。

協力してくれたのは、杏林大学 医学部 精神神経科の 古賀良彦 教授です。

まずは、通常の脳の状態を測定。

そして、緑茶を飲んでみます。

すると、アルファ波が増えて、リラックスできていることが分かりました。

緑茶のリラックス効果の元になっているといわれるのが、うまみ成分である「テアニン」

脳の神経細胞を保護し、興奮を鎮めたり緊張を和らげたりする、効果があるといわれます。


さて、お次は、ほうじ茶を飲んで測定。

緑茶のリラックスパワーに勝てるかな?


その前に、テアニンの量を比べましょう。

緑茶に含まれるテアニンは、100gあたり約600mg。

そして、ほうじ茶はというと、6.4mgしかありませんでした。

ほぼ、100分の1ですね。


でも、リラックス度を測定すると、ほうじ茶を飲んだ後では、増えているのが確認できました。

これは、どういうことなんでしょうね。

ちなみに、ほうじ茶は作られる過程で、熱によってテアニン、カテキン、カフェインが減少するといいます。

それにもかかわらず、なぜ、リラックスできたのでしょうか?



ここで再び、実験。

緑茶が好きな静岡の人たちに、ほうじ茶を味わってもらいます。

さっそく、ショッピングセンターの一角に、即席の屋台を設置しました。


でも、お客さんはあまり集まりません。

あらら、ぜんぜん飲んでもらえない。


そこで、秘密の仕掛けが登場しました。

満を持して、スイッチオン。

すると、人が集まって来ましたよ。

どんどん増えて、ほうじ茶を飲んでもらえた。

秘密の仕掛け、効果抜群です。

しかも、評判も上々でした。

香りがいいとか、味がまろやかだとか、絶賛の嵐。


さて、秘密の仕掛けとは、何なのでしょうか?

実はこれ、香りを出してお客さんを呼び寄せる機械なんです。

静岡茶のアンテナショップでも使っている。

その名も、香り出し機(香り出し器)。

ちなみに、香りを出すために強く加熱するため、飲めないそうです。

純粋に、客寄せ用なんですね。


さあ、先ほどの、リラックス実験。

今度は飲むのではなくて、緑茶を煎っただけで実験します。

香りだけで、リラックス度はどうなるか?

すると、ほうじ茶を飲んだ時と同じ効果があるのが分かりました。

つまり、ほうじ茶は、飲まなくても香りだけで、リラックスできるんです。


エノキ
ということは、ほうじるという行為が、幸せにつながるってことですか?


ササミ
ここで思い出してほしいのが、幸せを運ぶ男性。

大山さんは、香り出し機よりも はるかに繊細で豊かな香りを楽しめる スーパーテクニックを教えてくれる達人なのです。




5分で幸せになれる方法


幸せ運び人、大山泰成さん。

その正体は、茶師。

茶葉を加工してその魅力を最大限に引き出す、達人なんですね。

しかも、たった9人しかいない茶師の最高位、十段の資格を持ちます。



さっそく茶師十段が淹(い)れる ほうじ茶の香りを楽しみたいところですが、テレビじゃ香りは伝わりません。

なので、番組は、香りの達人を呼びました。

ソムリエの伊藤寿彦さん。

2008年の洞爺湖サミットでも活躍し、ワインで世界中の要人をもてなしました。

さあ、大山さんが淹れた ほうじ茶、その香りを伊藤さんに、詳細に表現してもらいましょう。


SL形の ほうじ機で、およそ1時間、緑茶をほうじます。

こんがりキツネ色の、ほうじ茶が出てきましたよ。

その香りを、伊藤さんはこう表現。

「すごく香ばしい香り。すごく強い香りを感じる」

想像していた香りが、覆されたそうです。


実は、1時間ほうじる間に、いろんな香りが段階的に出てくる。

それを伊藤さんは、こう表現しました。

ちなみに、大山さんは4回、お茶を ほうじ機に通しています。


1回目 → 「グリーンのニュアンス。若草の香りですとか、よく熟したライムとか柑橘系の香り」

2回目 → 「岩塩とか塩っぽい水の香りをすごく感じますね」

3回目 → 「ヘーゼルナッツを煎ったような香りですとか、カカオ コーヒー豆のような香りも、少しずつ出てまいりました」「それから、甘い香り、バニラビーンズのような、やさしい香りが出てきますね」


大山さんは、おっしゃいました。

「ただ単に香ばしい香りだけでは、つまらない。お茶本来の持つ緑茶の香りとかを生かしながら、そこに香ばしさをつけるという、香りを作り出すような作業と思って、ほうじ茶を淹れております」



実は、お茶の葉には、今分かっているだけでも、香り成分がおよそ300種類以上あるんです。

でも、そのほとんどは、葉っぱの中で、糖にガッチリつかまれているため、いわば封印されたような状態になっているんです。

しかし、それが ほうじられていくと、糖が離れて、お茶に潜む様々な香りが 自由の身になるんですね。

そしてさらに、火力を上げて一気に加熱すると、先ほど離れていた糖と、もともと持っていた糖が、アミノ酸に対して、アミノカルボニル反応というものを起こして、焙煎香(ばいせんこう)に変わるんです。

この焙煎香と、さっき出た様々な香りが一緒になったのが、ほうじ茶というわけなんです。


実はこの香り、大きく2つに分けられます。

後半部分は、焙煎香。

主に、4回目の仕上げの焙煎でついた香りです。

そしてそれまでが、お茶に潜む香りになる。

お茶に潜む香りは、緑茶を緑茶としてそのまま飲む時には、そこにはあるけれど、その香りを味わうことが なかなかできません。


石川県工業試験場が出してくれた、データがあります。

まずは、緑茶の香り成分を分析したデータ。

そしてそこに、ほうじ茶のデータを重ねます。

すると、多くの香り成分が増えていました。

中には、1200倍に増えているものまであったんです。



エノキ
あれ?

でも、大山さんは、家庭を訪問してましたよね。

ということは、ほうじ機は使えない。

いったい、どうしたんですか?

ササミ
はい、同じ効果を家で得られる方法があります。

それも、5分でやれる方法。

それを、大山さんに教えてもらいましょう。




ほうじ茶の作り方


ササミ
スタジオに、茶師十段の大山泰成さんが登場。

お家の中に幸せな香りをたたせるという方法を、教えていただきます。



<家でほうじ茶を作る>


用意するのは、鉄のフライパンです。

もしくは、ステンレスの鍋でもOK。


スタジオに用意したのは、100g 400円程度の、普段使いの緑茶です。

家庭に残っているお茶で、大丈夫。

古くなったものも、再生できるそうです。


大事なポイントは、低温でじっくり加熱すること。

そのあと、高温で一気に、ほうじ上げます。


(1) 強火でフライパンを、30秒ほど温める。

30秒たったら火を消して、フライパンを ぬれふきんの上に置き、2秒ほど冷まします。


(2) 火を消したコンロにフライパンを戻したら、茶葉を投入。

全体に広げるように、ふりかけます。

大事なのは、フライパンの温度を一定にすること。

だいたい100℃くらいの温度に下げます。

茶葉15gで、時間は2分30秒、フタをしておいておく。

フタを途中で開けないようにしましょう。

中が冷めてしまいます。


(3) 2分30秒たったら、香りを嗅ぐようにして、フタを取ります。

ここで、コンロを再び点火。強火にします。

焦げないように、お茶の葉を1分ほど動かす。


お茶のいい香りがするはずです。

そして、お茶っ葉の量が最初と比べて、若干増えているのが分かります。

これは、お茶の葉が膨らんでいるから。


(4) 煙が立ったら火を止めて、余熱で1分ほど煎ります。

煙がおさまったら、パットに移してください。



浅煎り、深煎りは、お好みでどうぞ。

強火で加熱する時間を調節してください。



さっそく、スタジオで、ほうじ茶を淹れます。


ほうじ茶:4人分

ほうじ茶の葉:8g(大さじ4杯)
熱湯:200ml



ほうじ茶は香りのお茶なので、お湯は熱いほどいい。

急須にお湯を注いだら、1分ほど待ちます。




<紅茶で ほうじ茶>

大山さんによると、紅茶やウーロン茶も煎ってあげると、香ばしさが出るとのこと。

紅茶の香りから、香ばしい ほうじ茶の香りになるのが、楽しいとのこと。





ササミ
ほうじることで、お茶に潜んでいる香りを引き出せるんですね。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




冷やしほうじ茶


ササミ
札幌にお住いの、ご夫妻。

友達を招待して、ほうじ茶パーティーが開かれています。

コンロでお茶っ葉をほうじて、お茶を淹れます。

使っているのは、焙烙(ほうろく)という道具。

食材を手軽にムラなく加熱できる、優れものなんですよ。

ほうじ茶の香りに包まれて、みなさん、リラックス。



<冷やしほうじ茶の作り方>


教えてくれるのは、日本茶ソムリエの和多田喜さん。

ただ ほうじ茶を冷やすだけではありません。


和多田さんが使ったのは、カクテルなどを作るシェイカー(シェーカー)。

家では、ステンレス製の水筒を使います。


氷シェイクほうじ茶:2人分
ほうじ茶の茶葉:8g(大さじ4杯)


(1) ほうじ茶の葉を、水筒の中に入れる。


(2) そこに沸きたての熱湯を、大さじ2杯入れます。

ほうじ茶がひたる程度が目安。


(3) 氷 180gをすぐに入れます。

製氷皿の氷、10個から15個分くらい。

これによって、熱湯でたった ほうじ茶の香りが、ギュッとお茶の中に閉じ込められます。


(4) 水120mlを入れ、フタをする。

しっかりと、水筒の上下を持って、20秒間、シェイクします。

40秒、そっとしておいたあと、急須に移し替えてください。





ほうじ茶プリンの作り方


材料:4人分

ほうじ茶の葉:25g
熱湯:120ml
牛乳:200ml
砂糖:70g
ゼラチンリーフ:5枚
生クリーム:100ml


(1) ほうじ茶に、熱湯を回しかけます。

(2) これを茶葉ごと全部、牛乳と一緒に、鍋に入れる。

(3) ここから加熱をスタート。

沸騰する直前に、火を止めてください。

砂糖を加えて、さらにゼラチンを加え、しっかり溶かします。

(4) 茶葉をザルでこしたら、氷水につけたボウルの中で、とろみがつくまで混ぜる。

(5) そこに、ちょっとやわらかめに泡立てた生クリームを投入。

よく混ぜたら、器に入れて、1時間ほど冷蔵庫で冷やしましょう。


ほうじ茶プリンの完成。






NHK ためしてガッテン 2013年 Vol.19 夏




日本茶ソムリエ・和多田喜の今日からお茶をおいしく楽しむ本


 





ササミ
ほうじ茶って、香りそのものに、リラックス効果があったんですね。

エノキ
街のお茶屋さんとか、いい香りがしますよね。

ついつい引き寄せられます。

ササミ
家でもほうじられるなんて、すごくいい。

手軽に楽しめそう。

エノキ
アロマ効果もあるわけだから、楽しみも倍増ですね。



[まとめ]


・お茶の葉は、
 ほうじることで、
 潜んでいた香り成分が
 活性化する。

・ほうじたお茶は
 その香り成分だけで
 リラックス効果がある。





次回は、「まさか! の新発見SP 二重あご&ボタン」。





NHKためしてガッテン 料理の新常識事典




日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)











 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 1月~3月」




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村