「子宮筋腫 内コブタイプに注意/ためしてガッテン」

今日のテーマは、子宮にコブができちゃう病気。

そう、子宮筋腫です。

その発症率は、成人女性の5人に1人だといいます。

だから、街の人たちも、名前はよく知っている。

でも、誤解も多いといいます。

今日は、そんな子宮筋腫のお話。



11月30日放送の「ためしてガッテン」より、「守れ、女性のカラダ!子宮のコブの大誤解」からのメモ書きです。




子宮筋腫は内コブに注意




コブの大きさ


・いきなり転がってきた、赤いボール。
・手のひらよりちょっと大きいのですが、
 そんな大きな子宮筋腫ができちゃうことがあるそう。
・って、お腹に入るの?


・街で、ベテランの女性たちに、
 子宮筋腫について聞いてみました。
・すると、不思議なことが起こった。

・ある人は、「たいしたことない」と言う。
・「放っておいても大丈夫」と言う人も。
・「共存できる」と断言する人もいます。

・そんな中で、「たいへん」と言う人もいました。
・「まかり間違ったら命とり」だと。
・「子どもができないと思ったら、筋腫があった」
 そう話してくれた方もいました。

・また、「ガンに変わる病気だと思う」
 そう話す人もいる。

・いろんな意見があるのですが、どういうことだろう?


・スタジオに運ばれて来たのは、子宮筋腫の模型。
・もし、子宮筋腫があると言われたなら、
 どの程度の物があってほしいか?
・ヘンな質問ですが、
 ゲストのみなさんに選んでもらいました。

・女性陣は、できるだけ小さなものを選びました。

・でも、裏側には赤いシールが。

・赤いシールが貼られた筋腫には、
 以下のような危険が伴うといいます。

 ・大量出血、不妊、流産、頻尿。
 ・便秘、性交痛、腰痛、がん。


・って、どういうこと?




子宮筋腫は、大きさじゃない?


・ここでガッテン恒例の、大検診。
・婦人科の検診を長いこと受けていないという、
 30~40代の女性に協力してもらいました。

・診察に使うのは、エコーです。
・それで筋腫の有無を調べます。

・ある女性に、筋腫が発見されました。
・大きさは、ビー玉くらい。
・経過を見るため、年に1回ほどの検診を勧められました。

・別の女性は、3個あった。
・でも、今すぐどうこうというわけではなく、
 定期的な検診を勧められた。

・最後の女性には、大きな子宮筋腫が。
・一番大きいのは、野球のボールくらい。
・その他にも、ゴルフボール大のものも、あるといいます。
・大小5個の筋腫があった。


・検診の結果、15人中、5人に筋腫が見つかりました。

・でも、要治療だと言われたのは、0人。
・みんな、「様子を見ましょう」と言われた。


・実際に子宮筋腫の摘出手術を受けた女性。
・筋腫の大きさを聞くと、ビー玉くらいだという。
・2.3センチくらい。


・ということは、治療が必要な筋腫は、
 大きさや個数で決まらないってこと?

・じゃあ、何で、決まるんだろう?




子宮は動く


・子宮は、妊娠前と後だと、容積にして1千倍以上になる。
・でも、それだけ伸びるということは、何でできているんだろう?

・子宮は、筋肉でできています。


・最新のMRIを使い、子宮の動きを見せてもらいました。
・すると、動いているのが確認できた。

・手前から奥に、送るように、動いています。
・これは、受精した時に、
 精子が奥の方に入りやすいようにするため。

・でも、いつもこういう動きなのかというと、
 そうではないそうです。

・生理が終わった後は、入口から奥へと動く。
・もし精子が入って来た時に、
 奥の卵子に届きやすいようにするため。

・逆に、生理の前は、ほとんど動きません。
・なぜかというと、受精しているかもしれないから。
・受精卵が着床しやすいように、動きを止めているんですね。

・生理の時は受精しなかったということなので、
 不要になった子宮の内膜を、外に出します。
・この時は、奥から入口の方へと動く。

・この動きの3パターンの繰り返しを、現代女性だと、
 生涯に平均400回、生理の度に、繰り返している。


・この動きが、子宮筋腫にも関係します。




子宮筋腫の3つのタイプ


・子宮筋腫には、3つのタイプがある。

・1つは、子宮を縁どる筋肉の中にコブができる場合。
横コブ(筋層内筋腫)タイプ
・筋肉の層の中に、うずもれています。

・もう1つは、外コブ(しょう膜下筋腫)タイプ
・子宮の外側に向かって、コブが出ます。

・この横コブと外コブは、症状がないうちは
 経過観察になることが多い。

・様子を見ましょうと言われるのは、このタイプ。

・この2タイプで、子宮筋腫の約8割を占めるそうです。
・大検診で筋腫が見つかった方たちも、このどちらかのタイプ。


・ただ、大きくなってくると、事情が違ってきます。

・横コブタイプだと、だんだんと子宮内膜の方に突き出してくる。
・そして、内部を圧迫しだすんですね。
・こうなると、生理や妊娠の時に、邪魔をすることも。

・外コブタイプだと、あまり大きくなってくると、
 他の臓器を圧迫しだす。
・その結果、排尿痛や便秘、腰痛などを引き起こします。

・なので、医師の判断で、必要があれば治療を行うことになる。


・問題なのは、もう1つのケース。
・これは、子宮の内側の空間に突き出すように出てくる
 内コブ(粘膜下筋腫)タイプ

・これは小さくてもいろんな症状につながり、
 治療が必要になることが多い。

・まず、生理の時に、大量出血が起こることがある。
・ひどい貧血も、内コブタイプの筋腫に多い。

・内コブができたせいで、
 子宮内膜の面積がふえることなどが、原因だとされます。

・また、さらに怖いことがあって、
 子宮が筋腫を追い出そうとすることも。
・前に書いた、3つの子宮の動き、
 このうち、中から外に動かそうとする動きが、
 ずっと続きます。
・こうなると、精子は奥へと進みにくくなる。
・不妊に、なりやすくなります。

・小さいけど手術になったという人は、内コブタイプだったんですね。



・街頭インタビューでは、いろんな意見がありました。
・でも、これは、タイプによる差だったんですね。

・言ってることに間違いはない。
・ただ、タイプが違っていたのか。
・個別のケースだから、意見が分かれたんです。


・ちなみに、昔は大きさが治療の基準だった。
・でも、今はそうでない。


・子宮筋腫の見極めのポイントは、場所だったんですね。




子宮筋腫の治療現場


・ある女性が、取材させてくれました。
・子宮筋腫の手術を受けます。

・41歳の時に検診で発覚したのですが、
 子育てや訪問看護の仕事に追われ、
 治療を考える余裕はありませんでした。

・でも、やがて、
 日常生活にも支障が出るようになったため、
 治療に踏み切りました。


・そんな女性が今回受けるのは、「子宮鏡手術」
・これなら、2~3日の入院で、1週間も休まなくていいという。

・手術用の子宮鏡、その先端には、内視鏡が付いています。
・子宮の入り口から入れるので、お腹を切る必要がないんですね。


・手術は、55分で終わりました。
・全部で7g の筋腫が、摘出された。

(子宮鏡の手術が可能かどうかは、筋腫の場所や大きさによるそうです)


・手術の翌日、女性は元気そうに歩いていた。
・痛みも全然、なかったそうです。
・うそみたいだと、笑っていた。
・痛みもなく、爆睡できたそう。

・本当にうれしそうです。

・これまで、子宮筋腫による出血が、ずっと負担になってたといいます。
・出血が、服についたらどうしよう?
・お手洗いがない場所だと、どうしよう?
・常に不安が、つきまとっていた。
・出血を怖れて、黒っぽい服しか着れませんでした。

・女性には、夢がありました。
・明るい色の服を、遠慮なく着てみたい。

・その夢も、叶いました。
・明るい色のズボンで、訪問看護へ出かけました。
・笑顔が光ります。




検査が大事


・子宮筋腫を我慢している人は、たくさんいるそうです。
・日常生活がふつうにはできない人でも、多く我慢している。

・出血もものすごく、外出先に制限が出たり、寝る際も困る。
・それでも手術はなるべく避けたいと思う。
・そういう方が、多いんですね。

・子宮筋腫は直接命に影響がない、
 悪性腫瘍ではないということで、
 ガンのような扱いは受けない。

・だから、良性腫瘍で共存が可能だという話が出て、
 みなさん我慢される。

・ただ、手術をされた後は、先ほどのように、
「人生、何だったんだろう?」
 そう思う人がほとんど。


・ちなみに、子宮筋腫は女性ホルモンで成長するため、
 閉経すれば小さくなるのが普通らしい。

・しかし、中には、出血を伴ってきたり、
 急に大きくなってきたりすると、
 「子宮肉種」である可能性も、考えないといけない。
・肉種とは、悪性腫瘍のことです。


・大事なのは、正確な診断をつけること。
・筋腫の、場所や数、状態を正しく診断することが、
 もっとも重要。

・MRIなど検査機器の進歩で、診断のレベルは上がっているそうです。


・あれこれ悩んだり、自己判断するより、
 きちんと診察を受けた方が、よさそうですね。
・その方が、安心につながりやすい。





NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ)




子宮筋腫 改訂新版 (専門のお医者さんが語るQ&A)


 





名前は聞くけど、よく知らない、そんな子宮筋腫。

いろんな意見が街の声として出ましたが、ケースが違ったのか。

名前は同じでも、起きていることは違ったんですね。


そして大事なのが、やはり検診。

調べないと、何事も分かりません。

検査をするのは不安かもしれないけど、不安を取り除くのも、検査。

やっぱり、マメに病院に行くのは、大事なんですね。

人間ドッグのような物をパック化し、安く受診できるようになればいいのに。

そして、そのために休める環境も、整ったらいいな。



[まとめ]


・子宮筋腫の要治療は、大きさや個数では決まらない。

・子宮は動いている。
・生理後には、入口から奥へ。
・生理前は、ほとんど動かない。
・生理中は、奥から外へと動く。

・子宮筋腫には、3つのタイプがある。
・横コブ、外コブ、内コブ。

・横コブ、外コブが、子宮筋腫の約8割。
・治療が必要になりやすいのは、内コブタイプ。

・1~2年に1回は、婦人科で検診を。





NHKためしてガッテン ガッテン流の運動法でラク~にやせる、若返る。: 【完全保存版】実践DVD付き (生活シリーズ)




NHKためしてガッテン 50代から備える健康寿命をのばす おかずの「超」基本: 10食品群シート活用術 (生活シリーズ)





tag : ためしてガッテン





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング

「糖尿病 食べる順番と血糖値/カラダのキモチ」

11月14日は、世界糖尿病デーでした。

糖尿病が原因で、全世界で 7秒に1人が死亡しているそうです。

日本でも、糖尿病患者は増え続けている。

1997年に680万人だったのが、2007年では1320万人に推移しています。

しかも、ほぼ半数は、受診していないという。


自覚症状の少ない糖尿病ですが、油断していると、静かに体を蝕み、内臓から足まで、身体をボロボロにしてしまうことも。

そして、驚くことに、日本人の糖尿病患者、特に2型の糖尿病患者の半数は、太っていないという話も。

太っていないからといって、油断できないんですね。


そこで今回は、血糖値を上げない食事法を探してみます。

また、ちょっとした工夫で血糖値の上昇を抑えるテクニックも紹介。

血糖値がみるみる改善する意外な運動法とは?



11月6日と11月13日に放送された「カラダのキモチ」より、「食事と運動で始める 糖尿病の予防と改善」からのメモ書きです。




糖尿病 食べる順番と運動療法




前半は、「静かに迫る甘~い魔の手! 糖尿病と戦う新常識! ~食事編~」




怖い糖尿病


・血糖値が高いと、血管が傷つけられます。
・高血糖のまま放置すると、血管はダメージを受け続ける。

・すると、毛細血管に障害が起こり、
 壊疽(えそ)を引き起こしたり、網膜症になったり、
 腎臓に障害をきたしたりする。

・さらに、毛細血管だけでなく、
 大きな血管にも障害が出ることがある。
・心臓の冠動脈が細くなることだって、あるみたい。
・糖尿病は、血管を狭くする動脈硬化の
 最大の危険因子なのです。

・そして、動脈硬化が起きると、
 脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険だってある。


・しかも、やっかいなのが、自覚症状がないこと。
・多くの人は、健康診断や人間ドッグで、やっと気づきます。

・さらに、気づいても、熱心に通院したり、
 生活改善するかというと、そうでない場合もある。

・なので、放置しがちで、
 知らない間に、悪化していることも。



・脂肪には、見えやすい脂肪と、見えにくい脂肪が、あります。

・内臓脂肪型肥満は、糖病病の大きな原因のひとつ。
・内臓の周りに溜まった脂肪が、
 血糖値を下げるホルモンの働きを妨害します。
・一見太っていなくても、内臓脂肪が多い隠れ肥満の人は、
 糖尿病になりやすいので、要注意。

・ただし、目に見えて太っている人も、
 もちろん注意が必要です。



・糖尿病は、ひとつは、体質が発症を決めていると
 考えられている。
・なので、家族がどうなのかも、ひとつの目安に。





食べる順番


・同じカロリーでも、あるちょっとした工夫で、
 血糖値に変化が出るといいます。

・それは、「食べる順番」

・番組では、こんな実験を。

・塩むすびと野菜サラダで、糖質50gを摂取する。
・ごはんと野菜、どちらを先に食べれば
 血糖値の上昇が抑えられるかを、比較します。

・まずは、ごはんを食べてから、野菜を食べる。
・そして、血糖値のピークを測定しました。
・結果は、147、159、126mg/dl。

・同じ人が、日を変えて、
 野菜を食べてから、ごはんを食べます。
・そして、血糖値のピークを測定。
・結果は、132、139、131mg/dl。

・同じ人で比べると、
 ごはんが先か、野菜が先かで、こんな差が。


 [ごはんが先] → [野菜が先]

 147 → 132
 159 → 139
 126 → 131 (131mg/dl)


・3人中2人が、野菜を先に食べた方が、
 血糖値のピークが下がっていました。


・その理由は、何なんでしょう?

・キャベツ以外にも食物繊維をたっぷり含む、
 キノコや海藻を食べたので、
 食後の血糖値上昇が抑制されたのではないかと。

・食物繊維はブドウ糖の吸収を妨げる働きがあるため、
 先に食べた方が効果的なんだそうです。




野菜を食べる


・糖尿病に伴う脳梗塞や心筋梗塞は、
 血糖値のピークを抑えることが大事だといわれる。

・それに効果的なのが、食物繊維です。

・では、食物繊維に欠かせない
 野菜をおいしく食べるには、
 どんな方法があるでしょうか?


・ある料理教室では、こんなメニューが。

・メインは、魚の代わりに、豆腐を使い、
 カロリーを抑え、
 さらに食物繊維が豊富なキノコをのせた、
 ホイル蒸し。

・主食は、白米でなく玄米にすることで、
 食物繊維が6倍に。
・さらに小豆とカボチャを加えると、
 白米の13倍になる。

・しかも、しっかり噛んで食べると、
 満腹感が出てきて、太らないといいます。




加える対策


・食べる物を変えずに、食事対策ができる?
・それは、どんな方法でしょう。


・患者さんに減らせと言うと、
 続けるのが難しくなる。
・なので、逆に、「加えてください」と、
 栄養指導するのだそう。


[加える工夫の3ヶ条]

(1) ランチョンマットを加えるべし。

 →マットに乗り切らなかったり、はみ出したら、
  多すぎ。
  自然と、自分の適量が分かります。


(2) 魚や肉は、骨が付いたものを加えるべし。

 →骨を外すのに時間がかかるため、
  早食いを防ぎ、ゆっくり食べることができる。
  これで、血糖値上昇を抑える。


(3) 人を加えるべし

 →食事で会話が生まれ、
  ゆっくり楽しんで食べられる。





後半は、「静かに迫る甘~い魔の手! 糖尿病と闘う新常識! ~運動編~」




筋力年齢チェック


・現在の状態をチェックする方法が、あります。

・用意するものは、高さが40cmと20cmの台。
・40cmは、だいたいイスの高さ。
・20cmは、だいたいお風呂のイスの高さです。


[方法]

・台に浅く腰を掛け、手を胸の前で組み、
 両脚で立ちます。
・40cm → 20cm の順で行う。

・続いては、片足を前に出し、
 もう片方の足で立ち上がります。
・これも、40cm → 20cm の順で行う。
・片脚立ちは、両脚ともできて成功になります。


・40cm 両脚立ちができたら、
 → 80歳代
・20cm 両脚立ちができたら、
 → 60~70歳代
・40cm 片脚立ちができたら、
 → 40~50歳代
・20cm 片脚立ちができたら、
 → 20~30歳代



・でも、筋力と糖尿病に、
 どんな関係があるんだろう?

・血液の中の糖というのは、
 運動をしたりすると、
 筋肉の中に取り込まれて、
 それがエネルギーに変わっていく。

・筋力が高いということは、
(2型)糖尿病になりにくいと、
 考えられる。




運動療法


・筋力が大事なのは分かりましたが、
 どんな運動をしたらいいのだろう?

・番組では、運動指導している現場を、
 取材させてもらいました。


・運動療法の目的は、
 ブドウ糖を処理しやすい筋肉を作ること。

・食事などによって増えた血液中のブドウ糖は、
 運動などで筋肉を使うと、
 筋肉の細胞の中に取り込まれ、
 エネルギーとして消費される。
・筋肉が増えれば、
 それだけ消費できるブドウ糖が増える。
・だから、糖尿病の改善には、
 筋肉を鍛えることが、欠かせないんですね。


・まずは、全身のストレッチから。
・続いて、スクワット。

・運動は楽しくなければ続かないということで、
 やわらかいボールを使い、みんなでバレーボールを。
・休憩する時は、バランスボールの上にすわる。

・最後に、ストレッチを行い、呼吸を整えます。


・参加者の、運動前と運動後の、
 血糖値を測定しました。


 [運動前] → [運動後]

 202 → 171
 279 → 237
 172 → 146 (mg/dl)

・みなさん、血糖値が下がってますね。


・食後、血糖値が高くなる時に運動すると、
 高くなる血糖を上げないようにすることが
 できるみたいです。

(といっても、食後すぐにはしない方がよさそう)
(ある程度、時間をおいてから)



・ひとつは、運動することでブドウ糖を消費し、
 血糖値が下がる。
・これが、短期的な効果。

・もうひとつは、運動を続けることで、
 足腰の筋肉が増える。
・また、内臓脂肪が減る。
・そうすると、血糖が下がりやすい身体に。
・これが、長期的な効果。

・このため、糖尿病改善には、
 筋肉トレーニングと、有酸素運動を、
 組み合わせると効果的になる。


・運動の目安は、
 軽く息がはずむ程度の運動を、30分。
・週に、5日行う。

・毎日できない人は、週150分を目指す。




運動療法


・糖尿病の改善には、運動が不可欠。
・では、楽しく続けられる運動は?


・ある人が行っていたのは、「ペタンク」
・鉄製の球を使う、スポーツです。
・自分のチームの球を
 目標にどれだけ近づけられるかを競うスポーツ。

・ハードな運動には見えませんが、
 しゃがんだり、中腰姿勢を保つため、
 大腿四頭筋など、足腰の筋肉が鍛えられるそうです。


・また、「フラダンス」を取り入れている人も。

・動きはゆったりとしていますが、
 中腰姿勢で常に脚を動かすため、
 大腿四頭筋などが鍛えられる。
・ステップが、効くそう。


・また、ウォーキング指導のひとつとして、
 ファッションショーの歩き方を教わっているグループも。

・正しい姿勢で歩くには、腹筋や背筋など、
 体幹部の筋肉が必要。
・きれいな姿勢で歩くと、それだけで運動効果が。

・また、人前でやること、発表することで、
 モチベーションが上がるそうです。




糖尿病予防・改善エクササイズ


・日常生活に取り入れられる、エクササイズ。



[腿上げ(ももあげ)]

 ・イスにつかまり、もう片方の腕を曲げ、
  手を握りしめる。

 ・姿勢を崩さずに、
  曲げた腕と同じ側の脚を上げる。

 ・左右10回を1セットとし、
  朝晩、2セットずつ行う。

 ・できる人は、ヒジとヒザを
  つけるように上げると、
  運動効果がアップする。


糖尿病 腿上げ



[カラダひねり]

 ・脚を開き、腰を落とす。
 ・両腕を曲げ、手を握り、
  むねの前で、開く。

 ・そのまま、
  下半身はなるべく動かさず、
  腰から上を、左右にひねる。

 ・左右10回を1セットとし、
  朝晩、2セットずつ行う。



糖尿病 カラダひねり






・(2型)糖尿病は、なかなか一朝一夕には治らない。
・治療を続けなければならない。
・とはいっても、痛くも かゆくもありません。
・だから、なかなか続けるのは難しい。

・そういう中で、血糖を測るということ、
 血糖自己測定を行うと、
 運動した時の効果だとか、
 食べ物を控えた時の効果だとか、
 それが分かるので、軌道修正しやすい。
・また、やりがいにつながりやすい。

・それにより治療が長続きして、
 いい結果が出るのではないかと。





糖尿病性腎症の安心レシピ103 (弘文堂安心レシピシリーズ)




カラダのキモチ―「アレ!?へんだな」の自覚症状をスッキリ改善!








前にも書きましたが、若い頃、健康診断で引っかかったことがあります。

糖尿病との診断は受けませんでしたが、このままの生活を続けていたら分からないと言われた。

でも、自覚症状もないし、イマイチよく分からず、そのままでした。


それが一念発起して、軽い運動と食事制限をするようになった。

結果、今は健康診断の数値は、正常です。

もしあのままの生活を続けていたら…

そう思うと、ゾッとします。

きっと、高血糖や高脂血症などの症状が出ていたと思う。

ひょっとしたら、たいへんなことになっていたかも。


身体や臓器は我慢強いので、なかなか悲鳴を上げません。

でも、いろんなところで傷んでいるのかも。

それを知るのが、検査です。

そして、その結果は、身体の声。

頭に分からないからといってそれを放っておくのは、身体をイジメているのと同じなのかも。


身体の声を聴いて、休ませることは、大事なようです。

暴飲暴食を控え、適度な運動をする。

身体との共存って、大事なんですね。





今日からはじめる 継続できる メタボを防ぐ運動生活






 → 「インスリンで糖尿病が完治する?/ためしてガッテン」 

 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」




 

tag : カラダのキモチ 糖尿病





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング

「腰痛の原因はストレス? 側坐核の働き/ためしてガッテン」

日本人の80%が経験し、患者数が1300万人いると言われる、腰痛。

その原因で一番よく知られているのが、椎間板ヘルニアです。

椎間板とは、背骨(脊椎)の間でクッションの役割をしている、円盤状の軟骨のこと。

椎間板の中の髄核が外に飛び出し、神経を圧迫するのが、椎間板ヘルニア。


ところが最新の研究で、ヘルニアが腰痛の犯人ではないことが分かってきたという。

え? どういうこと?

今までの常識は、ウソだったの?

真犯人は、腰とは別の所にいた?



11月16日放送の「ためしてガッテン」より、「驚異の回復!腰の痛み」からのメモ書きです。




腰痛の真犯人はストレス?




椎間板ヘルニアとは?


・多くの人が経験する、腰痛。
・司会の志の輔さんも、腰痛歴は12年。
 ぎっくり腰が、2度。
・小野アナウンサーは、3年。
・ゲストの島崎和歌子さんは、4年。
・高橋英樹さんは、40年。
・山瀬まみさんは、7年。

・みなさん、悩んでおります。
・そして、犯人がヘルニアでないと聞いて、ビックリした。


・脊椎と脊椎の間にあるのが、椎間板。
・中にはゼリー状の髄核が入っていて、
 錐体を結合するとともに、
 クッションの役割をしてくれます。

・これが重い物を持ったり、激しい運動をすると、
 ギュ~ッとつぶれる。
・そしてやがて、中から髄核が飛び出ます。
・これが神経を圧迫し、炎症を起こして、
 腰痛の原因となるんですね。

・ヘルニアとは、「飛び出す」という意味。
・椎間板ヘルニアの他に、
 鼠蹊(そけい)ヘルニアとかも、ありますよね。


・でも、椎間板ヘルニアに対し、
 国民的に大誤解しているといいます。

・主犯だと思っていた椎間板が、無罪?
・真犯人は、別にいる?
・そして、な、なんと、「太」で治っちゃう?

・これは、どういうこと?




椎間板は犯人じゃない?


・愛知県に住む女性は、5年前に腰痛を発症。
・激しい痛みとシビレに襲われた。
・そのきっかけは、クシャミ。
・病院でMRIを撮ると、椎間板が飛び出して、
 神経を圧迫していました。
・立派な、椎間板ヘルニア。

・医師の勧めもあって、すぐに手術。
・これで治るものだと、思っていました。

・手術は成功し、神経への圧迫はなくなった。
・これでめでたしと思っていたのですが、
 痛みは消えず、1ヶ月も車いす生活を送ることに。

・必死のリハビリで歩けるようになりましたが、
 今も週に1度は、外出できないような痛みに襲われる。

・原因は切除したはずなのに、どうしてだろう?


・手術が成功しても痛みが消えない、
 そんな椎間板ヘルニアが、あるということか。

・ということは、椎間板は犯人じゃない?




健康なのに、飛び出てる?


・ガッテンが実験してくれました。
・参加してくれたのは、腰痛になりやすい
 30~70歳代の人、15人です。

・まずは、MRIで腰の断層写真を撮影。
・それを腰痛治療の専門家に、診てもらいます。

・その結果は、意外なものでした。

・腰痛の症状を感じてない15人なのですが、
 完全にヘルニアなのが2人、
 ヘルニア予備軍は11人。

・これって、どういうこと?


・慶應義塾大学の松本守雄 医師らが調べたところ、
 腰に痛みがない人(130人)のうち80%が、
 椎間板変性のある人だった。

・椎間板が変性している人は多くて、
 でも、痛みがある人とない人がいる。

・ますます分からなくなってきたぞ。


・ある女性は、2年前に腰痛を発症。
・MRIで見ると、椎間板がすごく飛び出していました。
・画像で見ると驚くほどの、ヘルニアです。

・1ヶ月間、仕事を休まねばならないほどでした。
・でも、手術には抵抗があって、
 痛み止めを飲みながら、様子を見ていた。

・すると、半年後のMRI検査で、
 ヘルニアが消えているのが確認されました。
・え? 椎間板ヘルニア、消失?
・画像を見ると、全然違います。
・手術してないのに、すごく小さくなっている。

・何が、ヘルニアを減らしたんだ?




マクロファージが減らす?


・ヘルニアを減らしたのは、ガッテンではおなじみの
 “マクロファージ”
・マクロファージは、白血球の一種。
・大型のアメーバ状の細胞で、細菌など、
 体内に侵入した異物を食べてくれる、おそうじ屋さんです。

・このマクロファージが、飛びだした椎間板を
 異物だと判断し、食べてくれるんです。
・ヘルニアの大きさにもよりますが、
 通常、半年ほどで、
 神経を圧迫しない程度に、小さくしてくれる。


・愛知医科大学 学際的痛みセンターの牛田享宏さんによると、
 ヘルニア減少には個人差があるものの、
 大きなヘルニアほど無くなりやすいらしい。
(60~70%の割合で消失するという話も)

・むしろ、小さなヘルニアの方が、無くなりにくい。
・大きな物の方が、
 異物として判断されやすいのかもしれません。

・症状の回復度合いを表したグラフがあります。
・これで、手術有りと手術無しを比べたところ、
 カーブにはそんなに差がなくて、
 2~10年後の回復度に、大差はありませんでした。
・それが最近の研究で分かってきたそうです。


・でも、だからといって、
 何でも手術が必要ないわけでもないらしい。
・手術が必要になる症状もあります。
・それが、以下のようなもの。

 (1) しびれ・マヒが、ひどくなってきている。
 (2) 転びやすくなった。
 (3) 尿が出にくいなど、排尿障害が出てきた。


・これらは、病院で確認されますよね。

・こういった症状がひどい場合を除いては、
 手術有りと無しでは、そんなに回復度が違わないのか。




腰痛の原因は?


・腰痛の本当の原因というグラフが登場。

・1%は、腫瘍や感染症など。
・9%は、その他の画像で診断できるもの。
 すべり症、圧迫骨折、脊柱管狭窄症など。
・5%は、椎間板ヘルニアです。

・え? ヘルニアは、5%?

・残りの85%は、原因不明なんだって。
・原因を、1つに特定できない。


・じゃあ、真犯人は、誰?




50年に一度の大発見


・福島県立医科大学。
・ここでは整形外科医だけでなく、精神科医、
 社会福祉士などが共同で、腰痛治療に当たっています。

・そこの紺野愼一 教授が、50年に一度の大発見をしたという。


・この病院に通っている、女性。
・長年、ひどい腰痛に悩まされてきました。

・家事もできないほどの腰痛で、寝たきりになるほどです。
・痛くて、痛くて、痛み止めも効かない。
・あまりに痛いので、湖への入水を考えたほどでした。

・すがるような気持ちで、
 女性は福島県立医科大学を訪れました。
・さまざまな検査の結果、告げられた原因は、
 なんと、“ストレス”



・腰痛の原因は腰にあると、ずっと思われていたのですが、
 でも、結局、犯人は見つからなかった。
・ところが、犯人は腰とは無関係な、脳にいたんです。

・OH、NO!

・健康な人の脳血流と、
 慢性腰痛患者の脳血流を調べたところ、
 強い腰痛を訴える患者の画像では、
 脳の働きが低下していることが分かりました。

・この病院で調べたところ、
 原因が特定できない腰痛患者の7割に、
 脳活動の低下が発見された。

・さらに、アメリカのノースウェスタン大学の研究によると、
 慢性腰痛患者は脳の特定部分の働きが低下していることが、
 分かった。

・これが、腰痛の犯人か?




側坐核とオピオイド


・メカニズムは、こうです。

 ・脳の中に、“側坐核”(そくざかく)という箇所がある。
 ・これは、痛みの制御に関連する部分。

 ・腰で組織の炎症など、
  一番最初のきっかけになることが起こる。
 ・すると、その痛みが脳に伝わる。
 ・これに、側坐核が反応。
 ・鎮痛物質“オピオイド”が働き出す。
 ・すると、痛みを抑える信号が、送られる。
 ・このことで、痛み信号が薄まる。

・このように、
 脳は必要以上の痛みを感じないような仕組みを、
 もともと持っているのです。

 ・ところが慢性的なストレスが加わると、
  側坐核自体が、働かなくなる。
 ・結果、オピオイドも、働かない。
 ・なので、痛みが脳を直撃。
 ・寝込むような痛みが続く。

・ストレスが腰痛を生むのではなく、
 本来抑えられるはずの痛みが、ストレスにより抑えられなくなる。
・ストレスが、痛みを強めているのです。



・前述の女性も、腰には大きな問題が見つからず、
 精神的なストレスが大きいことが分かった。
・でも、この女性は、あることがきっかけで、
 腰痛が軽くなったといいます。

・きっかけは、旦那さまからのプレゼント。
・それが「太」?
・「太」って、何だ




さらば、ストレス


・痛みで苦しむ女性に旦那さんがプレゼントしたのは、
 ワンちゃん。
・そう、「太」ではなく「犬」だったのです。

(わざと、メクリを落としたのか!)

・最初はこの状態で飼えるのかと心配した女性ですが、
 犬の世話をしているうちに、寝たきり状態から、
 回復した。



・腰痛の大部分は、原因が解明できない。
・ひどい腰痛があっても、MRIやレントゲンを撮ると、
 まったく異常がない患者さんもいる。

・全体の85%を占める、原因不明の腰痛。
・その1/3ほどに、
 ストレスが関係する患者さんがいるそう。
・そして、ストレスを和らげることで
 腰痛が改善した人が、たくさんいる。


・ある人は、旦那さんが帰ってくるまで
 起きていなければならず、
 それが強いストレスになっていた。
・そして、旦那さんから、
 先に寝ていいと言ってもらったところ、
 ストレスが和らぎ、症状がよくなったそう。


・腰痛の原因となるストレスの危険因子には、
 以下のようなものが。

 ・病気に対する不安。
 (将来どうなるのだろう? という不安)
 (原因が分からないことへの不安)
 ・仕事や家庭の問題。
 (残業の多さや、子育て)
 ・医療不信。



・痛みの悪循環も、あるそう。

・痛い → 腰を動かいちゃいけない → 活動低下
 → 痛みを理解してもらえない
・これらがストレスになって、余計に痛む。
・運動もしないから、なお痛む。


・この悪循環をいったん断ち切ることが、
 腰痛治療には大事だと。

・それが前述の女性の場合は、犬だった。

・ワンちゃんと接することで、痛みから気がそれる。
・また、世話をすることで、体を動かす。
・これらのことが、治療効果に結びついたと。


・自分の好きなことを見つけるのは、
 すごく大切なのだそう。
・好きな食べ物、音楽、においなどは、
 側坐核の働きを高め、鎮痛効果があると。


・側坐核はもともと、楽しみと関係があるというのが、
 分かっていた。
・痛みを抑えると分かってきたのは、最近なのだそうです。

・オーストラリアのビクトリア州では、
 メディアを使ってキャンペーンし、
 腰痛の新常識を、住民に広めた。
・治療においても、
 腰痛とストレスの関係を理解してもらい、
 安静より積極的な活動を推奨。
・結果、患者数が減少したそうです。
・結果、医療費も、減った。



・腰痛の真犯人は、ストレス。
・ストレスが、痛みを強めていました。



・これに対する具体的な方法ですが、
 ガッテンで取材中だとのこと。
・来年2月の放送をめざしています。

・これは、楽しみだ。





NHK ためしてガッテン 2011年 11月号 [雑誌]




NHKためしてガッテンガッテン流!腰痛・ひざ痛 解消の新ワザ (アスコムBOOKS)


 





度々書いていますが、腰痛持ちでして、椎間板ヘルニアの手術もしてます。

最近は手術する前に安静にして(半年ほど)様子を見るのだとは聞いていましたが、ストレスとこれほど関係があるとは知らなかった。

お医者さんの口からも聞きませんでしたから、これから広まるのかなあ。

経験者から言えることは、炎症が治まるまでは、安静にすること。鋭い痛みや激痛がある間は、あまり動かないようにします。(というか、動けなかったけど)

そして、鈍い痛みとか、慢性期には、痛みが出ない程度に動かす。ウォーキングしたり、ストレッチしたりする。

これで、ほどほどは、よくなりました。


ストレス、側坐核、オピオイドの件は、初耳でした。

万病の元といわれるストレスですが、これによって痛みが強まっていたのか。

ストレス軽減て、難しいけど、大切なんですね。

問題は、ストレス解消するのが必ずしも簡単じゃないということかな。

この辺も、次回の特集では、触れてくれるのかな。

ともかく、次回が楽しみだ。



[まとめ]


・椎間板が飛び出していても、痛みを感じないことがある。
・また、半年ほどで、
 マクロファージが処理してくれることもある。
・逆に、手術自体は成功していても、
 痛みが残る場合も。

・椎間板ヘルニアの回復度は、2~10年後では、
 手術有りでも無しでも、そんなに変わらない。
・本来、腰痛の痛みは、
 側坐核とオピオイドの働きで、
 軽減されるようになっている。
・しかし、慢性的にストレスがあると、
 側坐核やオピオイドが働かなくなり、
 痛みが強くなる。

・なので、ストレスを解消することが、
 痛みの軽減や治療効果に、
 大いに関係してくる。





NHKためしてガッテン ガッテン流の運動法でラク~にやせる、若返る。: 【完全保存版】実践DVD付き (生活シリーズ)




腰痛をめぐる常識の嘘





tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【薬膳スープ】 素材&レシピ/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 21, 2017
【漢方】 伊藤隆先生の診察、気逆で上熱下寒/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 20, 2017
【第3のコレステロール(2)】 non-HDL 対策編/ガッテン Nov 16, 2017
【第3のコレステロール(1)】 レムナントと総悪玉の計算法/ガッテン Nov 16, 2017
【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村