「心拡大に心肥大 心臓弁膜症/ためしてガッテン」

心臓が巨大化する?

大きくなると怖いのは、突然死。

そして厄介なのが、自覚症状がないことだといいます。

いったい、体の中で何が起こっているのでしょうか?


4月27日放送の「ためしてガッテン」より、「心臓が突然、止まる! 200万人に潜む異常音」からのメモ書きです。





心拡大に心肥大 心臓弁膜症





心臓が大きくなる条件


・心臓に一定の条件が加わると、その条件に適応して、心臓が大きくなるという。

・その条件の一つは、妊婦であること。
・赤ちゃんに血液を送るため、お母さんの血液量はおよそ40%増えます。
・そのため、心臓も大きくなる。
・出産間近の9ヶ月をピークに大きくなり、出産後ほどなくして元に戻ります。

・もう一つの条件は、スポーツ選手であること。
・例えば、カヌー選手。
・カヌーはとても心臓に負荷のかかるスポーツ。
・100m走を5分間続けるのと同じくらいだといいます。
・スポーツ心臓といって、心臓に負担のかかるスポーツを毎日やっていると、心臓が負荷に適応して大きくなる。
・ただしこれも、競技を止めれば元に戻るそうです。

・上の二つの条件は、元に戻るタイプ。
・でも、スポーツをしているわけでもなく、また妊婦さんでもないのに、心臓が大きくなる場合が。




心拡大


・人間の心臓の謎に迫る鍵となるのが、ホヤの仲間。
・その名も、“カタユウレイボヤ”。
・ホヤと人は、もともと共通の祖先から派生したといいます。
・兄弟のような位置関係。
・学問的には、クラゲより人間の方が、ホヤに近いらしい。

・そんなホヤですが、人間にあってホヤに無いものが。
・それは、“弁”。
・弁があることで、血液が全身に勢いよく送られ、人間は活発に動けます。


・その弁と心臓の巨大化には、どんな関係があるのでしょう?


・弁はもともと、血液の逆流を防ぐもの。
・逆に弁に異常があると、血液が逆流してしまいます。
・こうなると、全身に血液を送り出す左心室にたまる血液量が減ってしまう。
・そのままだと十分な量を全身に送り出せないので、心臓は容量を大きくすることでカバーしようとします。

・ところが、度を越してしまうと、心臓が伸びきってしまう。
・大きくなりすぎると、今度は、うまく伸縮できなくなります。
・こうなると、ポンプ機能がうまくいかず、全身に血がうまく送れない。
・そして、生命の危機に。

・このような症状を、“心拡大”といいます。




心肥大


・弁がうまく開かないと、血液をうまく送り出せません。
・なので、心臓はいつもより頑張らないといけなくなる。
・このような状態が続くと、心臓の筋肉が内側に向かって厚くなります。
・そして厚くなりすぎると、心臓自体がうまく動けなくなってくる。
・こうなると、心臓自体の血液量が少なくなったり、心臓が痙攣(けいれん)を起こしたりする。

・これを“心肥大”といいます。
・心臓が内側に向かって大きくなるので、外見では分かりにくい。
・心肥大で大きくなるのは、心室や筋肉の壁の厚みなのです。


・そして、心拡大、心肥大の共通のおおもとは、“心臓弁膜症”。
・心臓の弁の病気です。




聴診器で分かる


・弁の異常を発見する機器として登場したのが、“聴診器”。
・弁膜症は他の心臓病と違い、簡単に見つけることができるらしい。
・どこの弁に異常があるか、聴診器だけで分かる。

・心臓の音とは、主に弁が閉まる時の音。
・閉まった弁に血液がぶつかる音です。

・通常、「ドックン」と聞こえますが、二つの弁が関係している。
・「ドッ」と「クン」で、別の弁です。
・そして弁に異常がある場合、「ドッ」と「クン」の間に雑音が入る。

・異常がある場合、弁が狭くなって、血流がはやくなります。
・心雑音といって、血液が狭くなった弁をこする音がする。




弁に異常が生じるメカニズム


・長年使っていると、弁の表面に傷がつきます。
・その傷から白血球や脂肪細胞が侵入し、炎症が起きる。
・その炎症の後に、カルシウムが沈着し、弁が硬くなって開きにくくなってくる。


・心臓弁膜症になりやすいのは、以下のような人らしい。

  ・高血圧
  ・脂質異常症
  ・糖尿病
  ・メタボリックシンドローム
  ・喫煙者

・そして、男性に起こりやすいそう。
・また、高齢も関係する。
・つまり、歳をとると誰でも弁膜症になる可能性がある。


・60歳以上の人は、月に一度は内科で聴診してもらった方がよさそう。
・そこで、おや? と思うことがあれば、心臓超音波検査(心エコー検査)をしてもらいます。
・どちらも負担が少ないのがいいですね。





NHK ためしてガッテン 2011年 05月号 [雑誌]



不整脈―突然死を防ぐために (別冊NHKきょうの健康)







心音って、弁が関係してたんですね。

何か、心臓が動く音かと思ってた。

意外でした。


大切な器官ながら目には見えない、心臓。

こうしている間にも、働いてくれています。

そして、適応力が仇になるというのは、最近よく耳にすることですよね。

負担をカバーしようとして頑張りすぎて、思わぬ問題が出てくる。

これって、いろんな部分でありそう。

病気以外にも。




tag : ためしてガッテン





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング

「行動修正でダイエットを/カラダのキモチ」

なかなか痩せないのは、なぜだろう?

どうして、太るの?

食欲を抑える裏技は?



4月17日放送の「カラダのキモチ」より、「春から始める! ぷよぷよボディ改造計画」からのメモ書きです。





決定版 目で見る!毎日の食事 カロリー辞典





メタボの原因は?


(1) だらだら食べ

・意外と、知らない内にたくさん食べている。

・子供の食べ残しを食べる。
・常に間食する。
・毎食後、デザートを食べる。
・ついお菓子に手を伸ばす。

・書き出してみると、意外と食べているかも。
・だらだら食べは、危険です。


(2) 週末のドカ食い

・ふだんは抑えめの食生活。
・でも、平日に我慢した分、週末にはたくさん食べてしまう。
・日々のストレスが、週末に爆発してしまいます。

・ふだん節制していると、身体は飢餓状態になります。
・それは体がカラカラに乾いたスポンジになるようなもの。
・ドカ食いすると、エネルギーが効率よく吸収されてしまいます。

・これを“ウィークエンド・シンドローム”という。
・別名“週末ドカ食い症候群”。



どうやら、太りやすい生活になっているようです。

・ついつい食べて、カロリー過多。
・ふだん節制した分を、週末に使い果たしてしまう。




行動修正で解消


・痩せるために必要なものは、食事と運動と、もうひとつは何でしょう?

・正解は、“行動修正”。
・ふだんの生活や行動を、見直します。


・コツは、“できることから少しずつ”。
・目標を高く持ちすぎないようにし、少しずつ変えていきます。



・女性Aさんがお医者さんと一緒に決めた行動修正は、以下の通り。

・子供の食べ残しは、食べない。
・家の中で、食べてもいい場所を決める。
(他では、食べない)
・お菓子は、取りにくい場所に保管する。



・また、食べたくなった時に食欲を抑える裏技も。

・食べたくなった時に5分間何かすると、小腹が空いたという欲求は消える。
・オススメは、歯をみがくこと。
・歯をみがくことで、満腹中枢が刺激され、食欲が減退します。




・男性のBさんが勧められたのは、運動。

・内臓脂肪を落とすため、ウォーキングなどの有酸素運動を実施します。
・食事で得たエネルギーを吸収しないように、食後 運動で消費する。

・週末のドカ食いは、ディナーではなくランチに変更。
・ふだん節制しているので、許容範囲とします。





週間自己評価表


・実践できているかどうかは、“週間自己評価表”でチェック。
・自分で5つの目標を設定し、それを3点満点で採点します。

・0点:まったくできず
・1点:不十分であった
・2点:まずまずできた
・3点:たいへんうまくいった


週間自己評価表の例

行動修正 自己評価表




・こうして、ライフスタイルに組み込んでいきます。
・必要なことを、習慣化する。
・できない項目は、できるものに置き換えてもいいですね。
・しないままだと「0」ですが、できるものに変えると、0点ではなくなります。
・また、十分身についたものについては、レベルアップしてもいい。

・こうして、行動を修正していきます。





体脂肪計タニタのダイエット家計BOOK (SEIBIDO MOOK)





 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」







大事なのは、問題点を意識すること。

そして、実際に生活を変えること。

できることを、無理のない範囲で、継続します。

そのために表に記録するのは、よさそうですね。

エクセルなどで自作すれば、無料です。




tag : カラダのキモチ ダイエット





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング

「エコノミークラス症候群にイナバウアー体操/ためしてガッテン」

東日本大震災から40日が経とうとしています。

長引く避難生活で体調を崩す人も少なくありません。

そこで今週のためしてガッテンでは、“エコノミークラス症候群”“肺炎”“不眠”に注目し、楽になれる裏ワザを紹介してくれました。


4月20日放送の「ためしてガッテン」より、「役立ちたい!避難生活が楽になる裏ワザSP」からのメモ書きです。





エコノミークラス症候群にイナバウアー体操





エコノミークラス症候群


・エコノミークラス症候群とは、飛行機の狭い座席に長時間座っている時などに起こる疾患。
・足の血管に血栓ができて、それが心臓や肺の血管に流れ込むことで生じます。
・最悪の場合には、死に至ることも。
・“ロングフライト血栓症”とも呼ばれます。
・2004年の新潟中越地震では、自動車の中で避難生活を送る人に、この症状が相次いだと言われます。

・その対策に使われているのが、“弾性ストッキング”。
・弾性ストッキングは医療の世界で使われるもので、あえて足を圧迫するような編み方がされています。
・足首の部分が細く、上の方では太くなっている。
・つまり、足首の部分に圧迫が強く、上に行くほど弱くなる。
・このため、血液が心臓に向かって流れやすくなります。


・でも、誰もが弾性ストッキングを手に入れられるわけではありません。
・そこでガッテンが、ある体操を教えてくれました。
・それをすると、足がスッキリ軽くなる。
・しかも、足がポカポカ。
・それに加え、血栓の予防にもなります。
・何より、簡単。

・そのヒントをくれたのは、荒川静香さん。
・そして、荒川さんといえば、“イナバウアー”。



[ガッテン流イナバウアー]


・まず、背もたれのあるイスを用意します。
・ない場合は、布団を丸めるなどして、安全に寄りかかれるようにする。


(1) 息を吸いながら、背中を反り返ります。
 (イナバウアーのポーズ)

  この時、つま先をゆっくり上げる。
 (ふくらはぎが伸びる感じ)


(2) 次に、息を吐きながら、元に戻す。

  この時、つま先を元に戻す。


・エコーで足の静脈を検査したところ、イナバウアーの後で血流がよくなったことが確認されました。
・また、体操後10分経ってからも、血流が持続されていることが分かった。

・つま先を引っ張り上げると、ふくらはぎが伸びて、筋肉と一緒に、血管が引き伸ばされ、細くなります。
・このため、血液の流れがよくなるんですね。
・しかも、上体を反らして息を吸うと、上体の中の血管も引き伸ばされる。
・こうして、血液が上半身に向かって流れるようになります。


・イナバウアー体操には、ポカポカ効果まで。
・冷え性の人にも、効くようです。
・さらには、むくみ解消にもなる。




肺炎の予防


・避難所で怖いのが、肺炎。
・大きな震災では、問題になります。

・肺炎の原因となるのが、口内細菌(肺炎球菌)。
・避難所の不自由な生活では、どうしても歯や口内が不衛生になりがちです。
・なので、細菌が増えやすい。
・オーラルバイオフィルムという細菌の塊になることも。
・これが気管から肺に入ってしまうと、肺の炎症が生じてしまいます。


・“誤嚥”(ごえん)という言葉があります。
・これは、飲食物などが誤って気管に入ってしまうこと。
・逆に通常は、何か飲むとフタが閉まり、気道に入らないようにしてくれる。

・このフタを動かしているのは脳から出る物質なのですが、避難所で身体を動かさない状態が続くと、脳の血流が悪くなって、脳から出る物質も減ってしまうのだそう。
・したがって、フタの動きが悪くなって、細菌が肺に入りやすくなってしまいます。


・この状態を、何とかしなければならない。
・これに役立つのが、“歯ブラシ”。
・細菌を減らして、しかも、フタの開閉をスムーズにします。

・この方法を、ある歯医者さんが全国の介護施設で実施したところ、肺炎による死亡者数が半分以下になった。
・その方法とは、歯を磨くこと。
・ただし、歯ぐきも一緒に磨きます。

・歯ぐきも一緒に磨くと、脳が活性化するのだとか。
・脳の血流が増えるらしい。


・ポイントは、口の中の粘膜を刺激すること。
・歯ぐきだけでなく、頬の内側や舌の表などを刺激します。

・ただし、強く磨くと出血したりするので、注意。
・歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当て、弱い力で、小刻みに磨きます。
・これが脳の快刺激になる。
・弱い力で、時間は長めに磨くのがコツ。




眠れないを解消する


・避難所では、眠れない人も多い。
・そこで臨床心理の専門家が教えてくれたのが、“タッピング・タッチ”というもの。

・避難所で試してもらったところ、はじめは何も感じないと言っていた人が、数分後にはウトウト。
・夜もよく眠れたそうです。

・タッピングタッチとは、看護や介護の現場で、ストレスや不安を和らげるために使われている方法。
・これをやると、手足がポカポカするらしい。



[タッピング・タッチの方法]

(1) 相手の後ろに座る。

(2) 手のひらを肩甲骨の辺りに当てて、ぬくもりを感じてもらう。

(3) それから、軽く、ポ~ンポ~ンポ~ンと、左右交互にタッチする。

  背中から、肩、首、そして、頭へ。

  ゆっくり、軽く。

(4) しばらくしたら、今度は、背中から腰の方へ、下がってゆく。

  軽く、ポ~ンポ~ンポ~ン。

(5) 手を軽く結んで、ネコの足ふみのように押してみたり。

  あるいは、手をゾウの鼻のように伸ばし、腕をブラブラ振って、手の甲を軽く腰のあたりに当てたりも。




 → Tapping Touch

(セルフ・タッピングといって、ひとりでやる方法もあるみたい)








ウサギも毛づくろいしてます。






撫でられるのも、大好き。







tag : ためしてガッテン





web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング



FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【薬膳スープ】 素材&レシピ/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 21, 2017
【漢方】 伊藤隆先生の診察、気逆で上熱下寒/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 20, 2017
【第3のコレステロール(2)】 non-HDL 対策編/ガッテン Nov 16, 2017
【第3のコレステロール(1)】 レムナントと総悪玉の計算法/ガッテン Nov 16, 2017
【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村